純黒調の印画紙  Clear blak photographic paper

a0353306_19111964.jpg


a0353306_19112875.jpg
1996年6月 神奈川



印画紙は色々試した結果、
ILFORD IV FB 1K と
ILFORD MGFB 24K を
よく使っていました。

セピア調色をすることも多々あったのですが、
IV FB 1Kは純黒調と謳っているだけあり、
そのまま使うのが一番ベストだと思いました。

写真は
IV FB 1Kをストレートに終わらせたものと、
セピア調色したものです。




[PR]
by Izu8Mayu3 | 2016-03-14 21:34 | Film and Photo paper | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://izumayu2.exblog.jp/tb/22600168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by film-gasoline at 2016-03-15 22:15
こんばんは^^
潰れたバンパーと全容がつかめない構図に想像力を掻き立てられる素敵なお写真ですね♪
モノクロも色によってかなりイメージが違ってみえますよね。
↓の紅茶で染めたお写真とか、じつに興味深いお話が聞けるので、とても楽しいです(^^)v
Commented by Izu8Mayu3 at 2016-03-16 10:07
> film-gasolineさん
コメントありがとうございます^^/
モノクロで終わらせるか、調色するか、いつも悩みます^^;
フィルガソ様のおっしゃる通り、色によって変わりますよね。

フィルガソ様の酒樽の格好良いお写真、奇跡の偶然コラボだったのですね。
今日のだるまのお写真も文章と合わせて、クスっって感じで和みました!
<< スペシャルな印画紙  Spec... 優しさのおかげ  with w... >>