食料品店   Mr.grocery-man

a0353306_21260509.jpg



a0353306_16191626.jpg



a0353306_16194307.jpg
2002年6月




アパートの近くに
デリもある小さな食料品店があり
アラブ系の
ちょっとふっくらしたおじさんが
一人で切り盛りしていました。

一日の終わりに
毎日寄っていたので
顔を覚えてくれ
レジを済ませると
会話はせずにいつも
ウィンクだけしてくれました。

日中、英語がなかなか通じず
疲れていたので、とても心地良く
ほっとさせてくれるgroceryでした。





[PR]
by Izu8Mayu3 | 2016-04-14 21:28 | EastVillage | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://izumayu2.exblog.jp/tb/22716257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おかもと at 2016-04-15 17:03 x
心に残る旅の思い出って観光地の景観や豪華なディナーではなく、こういう所だったりしますね。私の旅の楽しみは、その町に住む人達の普通の生活に紛れ込む事なので、こうした普通の店の普通の人との触れあいが大切な思い出になっています。
Commented by Izu8Mayu3 at 2016-04-15 18:21
> おかもとさん
おかもとさん!コメントをありがとうございます^0^/
本当におっしゃる通り、思い出すのはささやかな日常の事ばかりですよね。
おかもとさんのバックパッカーのお話も、いつかじっくりお聞きしたいです!
Commented by swampydog at 2016-04-15 20:59
はじめまして!!

私も仕事柄海外と接する機会が多かったので色々思い出しながら楽しみに拝見しております。

NYはもう随分昔になってしまいましたが、多くの刺激を受けました。
写真を拝見していてまた行きたくなっています(笑)
Commented by Izu8Mayu3 at 2016-04-15 21:33
> swampydogさん
はじめまして^^ コメントをありがとうございます!
先日swanpygog様のブログを拝見して「あ、二子玉だ」と嬉しくなりました。
私はその沿線に住んでいまして。

NYは皆がいう通りパワーが溢れる場所ですね。実はNYシリーズは今日これから投稿するものでラストなのですが、これからもよろしくお願いいたします。
swanpygog様のブログ、楽しみに拝見させていただきます。
<< スランプよ、こんにちは  He... NYは電線がない♪  no s... >>