憧れの人  Respect

a0353306_17541014.jpg
1998年11月 ヨセミテ




憧れの人が2人います。
1人はアンナ・メアリー・
ロバートソン・モーゼス
(1860〜1961)。
日本ではグランマ・モーゼスの
呼び名の方が有名ですね。

もう1人は
ローラ・インガルス・ワイルダー
(1867〜1957)。
「大草原の小さな家」の作者です。

2人とも農業をしながら
子供を育てあげ、老年になってから
デビューしています。

グランマ・モーゼスは75歳頃から
自分の暮らしてきた農村風景や
そこでの行事を描き始め、
80歳で個展を開いたそうです。

ローラは65歳で出版し
幼少の頃からの暮らしを
10年間執筆し続けました。

家族との地に足のついた生活を守り、
年老いてからでも何かを始めるパワーと、
自分の生きてきた道のりを残す姿に
憧れます。




[PR]
by Izu8Mayu3 | 2016-05-07 20:23 | Yosemite | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://izumayu2.exblog.jp/tb/22787222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by getteng at 2016-05-07 20:35
IzuMayuさん
米ファミリ-ドラマ・インガルス一家は現在AXNで放映中です。
三姉妹が可愛いですね。
以前もよく観ておりました。
Commented by Izu8Mayu3 at 2016-05-07 20:42
> gettengさん
そうなんですか?!放送しているのですね!
私も小さい頃からずっと観ていました。ローラ役の子がどんどん綺麗になっていきますよね。
お父さんのバイオリンに合わせて家族が踊るシーンが大好きでした^^
Commented by getteng at 2016-05-07 23:57
IzuMayuさん
今夜22:00からFOX Classicsのシ-ズン1で、
貴姉の大好きなお父さんのヴァイオリンで踊るシ-ンが出てきましたよ(●^.^●)
Commented by Izu8Mayu3 at 2016-05-08 11:57
> gettengさん
わ〜、そうなのですね‼️うちはFOX観れないんです(泣)
あのシーンを観ると、厳しい自然の中で生きている家族の束の間の幸せを感じます^^
<< 紀伊国屋の洋書  Bookst... よく観ること  observa... >>