焚き火の思い出  autumn memory

a0353306_15390421.jpg
2000年11月  山梨




子供の頃は親が
落ち葉や家から出た紙くずで
焚き火をしていました。
夕方近くは近所のあちこちで
焚き火の匂いがしてきました。

焚き火と言えば焼き芋ですよね。
燃やす量によって
焼け過ぎや半生だったりすると
落胆したものです。

時々どさくさに紛れ
親に見られたくないものを
ささっと火の中へ
放り込んだりもしました^^

今日の写真は鳥取砂丘と同じ
ILFORD MGW 24Kを
HANZAで強めに調色したものです。






by Izu8Mayu3 | 2016-10-16 21:43 | oherground
<< 斜陽の中の犬小屋  sunse... 美しいものに目を向けて  ch... >>