影響を受けた写真  be attracted

a0353306_15062686.jpg




a0353306_15301954.jpg




a0353306_15064964.jpg



写真家 Joel Meyerowitz の作品は
とても影響を受けました。

「AT THE WATER'S EDGE」という
この手の平サイズの写真集は
いつも持ち歩いていたので
カバーは擦れ色も黄ばんでいます。

本を開くと
一瞬でサイレントな世界に
連れて行ってくれます。

※今日の写真はデジタルです






by Izu8Mayu3 | 2017-03-23 21:00 | others | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : https://izumayu2.exblog.jp/tb/23741646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kai-junichi at 2017-03-24 01:19
このコンパクトな写真集、私も持っています。
小さいけれどクオリティが高いですよね。
Joel Meyerowitz 、私も影響を受けた写真家です。

何気ない日常の風景を、感性溢れる視点で
捉えたら、これほど新鮮で美しい景色が
見えてくるものなのか…と今でも思います。

余談ですが、私はエルンスト・ハースという
写真家にも影響を受けました。ご参考にどうぞ
http://www.ernst-haas.com/

Commented by getteng at 2017-03-24 07:56
IzuMayuさん
数年前、本約2,000冊をBOOKOFFなどで処分、
その時あった写真集などもいっぺんになくなりました。
女房はなかなかやろうとしませんので、困っております。
今後はアルバムなどの処分をどうするかです。
一番いいきっかけになるのは転居なのですが・・・。
Commented by 341aki at 2017-03-24 08:03
おはようございます。私の好きな写真集は、桑原甲子雄さんの
東京(1934~1993)とロベール ドアノーさんのパリ写真集です。私も少しは影響を受けたのかな。でもいつみても
素敵な写真で飽きません。
Commented by lucky-g at 2017-03-24 08:23
いいですね~。
アメリカンモダニズムが醸成された頃なのでしょうか。
僕はエドワード・ホッパーが大好き(部屋のカレンダーもホッパー)なのですが、この頃のアメリカンアートには魔法がかかってるようですよね。

ところで、僕のブログに最初にコメントくださったIzuMayuさんのブログが終わってしまうのが残念です。
たまにでもスナップでもなんでもポツポツでも投稿してくださ~い!
Commented by Izu8Mayu3 at 2017-03-24 10:31
> kai-junichiさん
この写真集お持ちなのですね!kaiさんに更に親近感が湧いてしまいます。
このように、何気ない日常を作品に出来る感性が自分も欲しいなぁと思います。

そして…エレンスト・ハース!私も大好きです。写真展も2回ほど行く事が出来ました。
もしかして、ウィリアム・エグレストンもお好きではないですか?
http://www.egglestontrust.com

最近のkaiさんの「 Siracusa」シリーズは毎日 ”kai blue”(と勝手に命名^^)に
うっとりしています。素晴らしいですね。
これからも素敵な ”kai color”を拝見させて下さい!コメントをありがとうございます。
Commented by Izu8Mayu3 at 2017-03-24 10:44
> gettengさん
2,000冊ですか?!とても読書家なのですね!
仰るように引越しをすると荷物は減ると思います。
私は大人になってから7回引越し、
確かにその度に身軽になっていく気がします(笑)
近く、アルバムや在書を思い切って整理出来ると良いですね^^
Commented by Izu8Mayu3 at 2017-03-24 10:52
> 341akiさん
おはようございます。
akiさんは桑原甲子雄氏がお好きなのですね。
オールドレンズの雰囲気など影響を受けられた感じが伝わります。
ドアノーも、温かい、スナップのようでスナップを超えた写真、
仰る通り見飽きませんね!
影響を受けた作品に近づき、そこからオリジナルが出てこられたら…
とつくづく思います(^^)
Commented by Izu8Mayu3 at 2017-03-24 10:59
> lucky-gさん
私もエドワード・ホッパー大好きです♪ノーマン・ロックウェルとかも!
古き良きアメリカ、というのでしょうか^^

私はlucky-gさんの初コメ者だったのですね。
今でもコメントしました写真の木々の美しさを憶えています。
描写といい雰囲気といい圧巻でビックリしました。
いつもご訪問下さりありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ
しばらくデジカメで修行を積んで出直したいと思います。
頻度は減ると思いますが、これからもlucky-gさんのブログにお邪魔させて頂きます!
Commented by camellia-02 at 2017-03-24 12:52
私が一番影響を受けた写真集は、1960年に100円で購入した土門拳の「筑豊のこどもたち」です。
この写真集を見て、写真を始めました。
中学1年生の時でした。
大事にしていたのですが、いつの間にか 失くしてしまいました。
残念で、残念で、たまりません。
Commented by kirin_1117 at 2017-03-24 20:09
男性の作家さんなんですね。
ちらと拝見する限り、女性的な表現のように感じます。
あっ、もしかして中性的な感性の方なのかも(笑)
気になります。ググってみます。
Commented at 2017-03-24 20:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Izu8Mayu3 at 2017-03-24 21:08
> 鍵コメさん
コメントをありがとうございます^^
お時間がありましたら、ぜひ検索してみて下さい♪

フィルム写真をされていらしたのですよね。
3月21日、22日のお写真、格好良かったです!

お好きな写真家はサラ・ムーンですか。
幻想的で絵画のような独特の世界観ですよね。
鍵コメさんのブログは最近知りました。
面白くなっていらしたフォトショップでの作品を
これから楽しみに拝見させて頂きます(*^^*)
Commented by Izu8Mayu3 at 2017-03-24 21:15
> kirin_1117さん
やっぱりそう思われましたか?
私も初めて見た時はフランスの女性かな、なんて思いました。
ご本人の写真を見ると、仰るように中性的で繊細な感じに見えます^^

今日のご投稿の写真集、とっても素敵ですね!実物を見たいです❤️
生み出した自分の愛しい写真達を、こんな素敵に残してあげるのは良いですね!
Commented by Izu8Mayu3 at 2017-03-24 21:25
> camellia-02さん
影響を受けられた写真集は土門拳の「筑豊のこどもたち」なのですね。
中学1年生の時に写真に興味を持たれたのですか!
感受性の豊かな時に土門拳の作品を観たら、とても心に響きそうです。
しかもそれが100円だったなんて^^

いつも深みのあるお写真から勉強させてもらっております。
23日の「谷根千ー63」は本当に素晴らしかったです!
Commented by harurei at 2017-03-26 11:56
一瞬でサイレントな世界に・・・
もしかして、タイトルの由来はそうした感覚からなのかな(^-^)
Commented by Izu8Mayu3 at 2017-03-26 14:18
> harureiさん
そうなんです、まさにその通りです!
静寂の世界にすぅ〜っと引き込まれる写真が好きで
それを目指してタイトルをつけました(*^^*)
ありがとうございます!
Commented by lily1406 at 2017-03-27 07:33
Izumayuさん こんにちは~(^^)/
素敵な写真集ですね。買って見たくなりました。
↓のデューちゃんかわいい~♡
6枚目の目がなんとも言えないです(*^^*)
ところで猫カフェブランさんでのIzumayuさんの写真教室に参加したいのですが4月は予定が合いませんでした(T_T)
5月6月の日程はもう決まってますか?
Commented by Izu8Mayu3 at 2017-03-27 10:23
> lily1406さん
こんにちは^^/
そうなんですよ、ポケットに入るサイズの写真集ですがクオリティの高いものです。
電車待ちの時などにオススメです。
デューちゃんを見て下さってありがとうございます❤️とっても嬉しいです。
6枚目…からかうと、よくこんな目をして怒っていました(笑)
写真教室、残念です!5、6月はまだ予定が出ていないんです、すみません!
分かり次第ブランHPでお知らせいたしますね。
またお会い出来ます事を楽しみにいたしております♪

lily1406さんの今日のご投稿のカメラバッジ、すごく素敵でした!
あのような味のある作品を作られるのですね。びっくりしました( ´ ▽ ` )ノ
<< 自在に操る  skills 動物のいる暮らし  life ... >>